基礎化粧水や美容液などで肌ケアに力を入れている女性は多いですが、肌を美しくするには睡眠が何よりも効果的な方法だといわれています。毎日の睡眠を見直すことは美容にとても大きな影響を与えます。睡眠をとればいいというわけではなく、質のよい眠りをとることが大事だといわれています。眠る前になるべく行わない方がよい習慣として、スマートフォンやパソコン、テレビなどの交感神経を活発させるものを見ないようにします。

また、食事は眠る3時間前には済ませておくと体が眠ることに集中しやすい状態になり、質のよい眠りをとることができます。今まで、美容に効果がある睡眠時間は、夜の10時から2時の時間帯だといわれており、その時間帯まで就寝するのが美容によいとされてきました。しかし、最近の研究によると入眠してから3時間後に脳から成長ホルモンが分泌されるということがわかってきたため、時間帯に関係なく眠りについてから3時間後に質のよい睡眠をとることが美容に一番効果的だと現在では考えられています。人が眠りにつきやすくなるのは、体温が下がり始めた頃ぐらいだといわれています。

そのため、入浴してから体温が上がった状態ですぐにベッドに行くよりも少し時間をおいてから、就寝したほうが眠りやすいです。入浴してから体温が下がり始めるのは、だいたい入浴後から1時間前後ぐらいからです。そのため、就寝する予定の時間から2時間ぐらい前までには入浴を済ませておくのがおすすめの方法です。PhDプロテインのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です