良質な睡眠は美肌など美容に良い影響を与えます。たっぷり寝ても肌荒れが酷く、肌トラブルが多い場合がありますが、これはただ良質な睡眠をとっていないと言えます。肌は約4週間かけて新しい肌に生まれて変わっています。寝ている間に肌のターンオーバーが行なわれていて、肌の奥で生まれた細胞は少しずつ上に押し上げられてきて約4週間で1番上まできて役目を終えて剥がれます。

美容にも影響する肌のターンオーバーで重要なポイントとなるのは成長ホルモンです。成長ホルモンが脳から分泌されることで肌はターンオーバーを開始します。寝ている間に肌のターンオーバーが行なわれて肌は新しく生まれ変わっているのです。よく眠れない日が続くと肌荒れするなど肌の調子が悪くなることがありますが、これはホルモンバランスが乱れているためで、美容にも関係する女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ることで肌のハリが失われ乾燥します。

さらに成長ホルモンの分泌が減ることで肌のターンオーバーが乱れるため、新しい肌に生まれかわらずにメラニンやダメージが蓄積してシワなどの要因になってしまいます。肌のターンオーバーに影響する成長ホルモンが分泌されるのは眠り始めてから約3時間程度で深い眠りについていると沢山分泌されます。肌のゴールデンタイムと言われる夜10時から翌2時の間に寝ていると肌のターンオーバーが活発になるとも言われていますが、大切なことは、眠り始めてから約3時間にどれだけ深く眠ることができるかということです。美容にも影響するこの3時間に深く眠ることができれば良質な睡眠がとれることにつながり、美肌を保つこともできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です